あるFPのつぶやき
正しい情報が、マスコミから手に入らない時代ですね。気になった情報で事実をアップしてます


プロフィール

Author:ヤン・ウェンリー
保険代理店をやっている現役のFPです。
保険に限らず、気になった件をアップしています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング参加中

気になった記事があったら、ポチっと押してね



ブログ内検索



RSSフィード



お薦めのブログ

このブログをリンクに追加する



お勧めのリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピケティ著「21世紀の資本」は妬み本!
やれやれ、各マスコミやNHKでも取り上げられ、一大ブームとなっている、仏経済学者トマ・ピケティ著「21世紀の資本」ですが、、、

発見した税務統計は正しいと思いますが、導き出した結論は、妬み・やっかみですね。

ピケティは、今現在資産家でない人間が資産家になる方法はなく、最初から富が資産家に偏在しており、その偏在をただすためには、現在の資産家に多く課税して富を再分配するべきだと言っています。

企業家(起業家)になるより銀行家・資本家の方に富が集中しているので、その人たちにもっと課税しろ!とマルクス主義者のように発言しています。

本当にそうでしょうか?

確かに、1日1ドル以下で生活している人もいるのは事実です。

しかし、ウォーレン・バフェットの様に一代でアメリカ長者番付の1位になる様な資産家もいます。
先祖から莫大な資産を引き継いだ人間ばかりではありません。

私自身、銀行預金だけでなく投資も行っています。
前出のウォーレン・バフェット同様、バイ&ホールドです。
今の所、毎月1~2万円程度の投資ですが、ここ数年の状況でも年利にして3~5%前後で運用できています。
デイトレードは本来の株式投資ではないので、行いません。(株価が気になって仕事にならない事も理由の一つです)

トマ・ピケティの発見した法則通りだとしても、企業家(起業家)や労働者が存在しなければ、資本家(富裕層)も存在しません。

また、資本家(富裕層)がいなければ、起業もできません。

資本主義社会では、どちらも経済の両輪なのです。

そして、企業家・労働者も資産家になる道は存在するのです。

確かにある一定以上の資産家になれば、労働せずとも生活が成り立つことも事実ですが、そういった富裕層が労働者から搾取し、「悪」の様に語られるのは、本当に正しいのでしょうか?

麻生さんの発言について
麻生さん、また「失言!」したのかなぁーと思って毎日新聞の記事をクリックすると、

「失言!」と言われれば、失言

「正しい!」と言われれば、正しい

と思います。

表現の仕方が悪いので誤解を招く発言だとは思いますが(-.-)。

なぜか?

我が国の年金の仕組みから考えれば、間違ってはいないからです。

現状、積立方式ではなく賦課方式と言う、現役世代が退職世代を支える仕組みになっている以上、人口分布がピラミッド構造を維持できない限り、破たんすることは間違いないからです。
また、ピラミッド構造を維持できれば、平均寿命の延びに合わせて人口も増加し続けるので、経済も人口増に合わせて増え続けると言うメリットもあります。

一つの例ですが、今、人生は80年くらいです。
20年ごとに区切ると、おもしろいことが分かります。

1.誕生~20歳前後    ← 親に育ててもらい、自分では稼いでいない期間
2.20歳前後~60歳前後 ← 自分の稼ぎで生活する期間
3.60歳前後~80歳前後 ← 退職金+自分で用意したお金 or 年金+自分で用意したお金で生活する期間

の大きく分けて、三つの期間となります。

この状態で、国に年金制度がなく、定年後の生活費を全額自分で用意しなければならないとすると、2.の期間で稼いでいる内の少なくとも1/3は、老後の生活費として残す必要がある事が分かります。

国の年金制度があるので、13%前後の年金保険料負担で済んでいることが分かりますか?

本来、賦課方式で年金制度を運営している限り、収入で保険料を決め、受け取る年金も決めるのではなく、自分の年金を支えてくれる世代を何人送り出したかによって、保険料、受け取る年金額が決まる制度が正しいと思います。

例えば、(5人で1人の老人を支える仕組みだと、夫婦2人の老後を支えるには、2人×5人=10人)
1.子育て 0人 → 収入の1/3の10/10が年金保険料(世帯月収30万円だと、年金保険料10万円)
2.子育て 1人 → 収入の1/3の9/10が年金保険料(世帯月収30万円だと、年金保険料9万円)
3.子育て 2人 → 収入の1/3の8/10が年金保険料(世帯月収30万円だと、年金保険料8万円)
4.子育て 3人 → 収入の1/3の7/10が年金保険料(世帯月収30万円だと、年金保険料7万円)
5.子育て 4人 → 収入の1/3の6/10が年金保険料(世帯月収30万円だと、年金保険料6万円)
6.子育て 5人 → 収入の1/3の5/10が年金保険料(世帯月収30万円だと、年金保険料5万円)

こんな感じでしょうか?

上記の例だと、5人以上次世代を送り出しても、夫婦二人の年金保険料は収入の1/6の5万円ですね。

これに近い仕組みを導入できるかどうかで、年金制度が維持できるかが決まると思います。
少子化が解消されず、現役世代がもっと減ってしまい、3人で一人を支えるとかになると、めちゃくちゃ大変ですね。(上記計算式にそのまま当てはめることは出来ませんが(^_^;))

プロの運転では無い
松本100か4067
のFUSOダンプに煽られまくって、本気で急ブレーキ踏んでやろうかと思った

50km制限の道路で、前走車が無ければ、70km前後まで上げて走っていても、コーナー等で車間を思いっきり詰めて来るし、前走車がいて詰まっているのに踏み潰すつもりかと思うほど、更に詰めて来るし(~_~;)

裏道だから、農作業を終えたおじいちゃんとかが、カーブの先を横断してたりする危険が有るのに…。

緑ナンバーは営業車のはず。
営業車と言うことは、それで報酬を貰っている以上プロであり、会社の看板も背負って走っているはずなのに、そんな自覚は全く無い様だ。

おめでとうございます!
今日、南信州•飯田産業センターて、NESCU-IIDA、製造業の展示会が行なわれ、取引先企業の展示も有り見に来ました

1番はコマ大戦を見たくて来たのです。

そしたら、ちょうどいいタイミング
決勝戦が始まる所!

なおかつ、取引先のクロダ精機さんが決勝戦に残っているでは有りませんか(^o^)/

多勢の社員の皆さんと一緒に、食い入る様に廻るコマを見つめる…

二回廻すのですが、見事二回とも勝利!

優勝です\(^o^)/
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

クロダ精機さん、おめでとうございます

日頃の技術力の賜物ですね

私も、見習わないとf^_^;



朝の散歩
子どもと一緒に散歩中
どうしても天竜川に下りたいと言うので、河原に下りてみました
雨が降ると川の底に沈む辺りです
何故か、石がみんな白い?

勝手な想像ですが、上流に大鹿村が有り、かつては海の底。
塩が特産品なので雨の後に水道水を口に含むとしょっぱく感じる時もあり、もしかしたら、塩!かな?と(≧∇≦)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。