あるFPのつぶやき
正しい情報が、マスコミから手に入らない時代ですね。気になった情報で事実をアップしてます


プロフィール

Author:ヤン・ウェンリー
保険代理店をやっている現役のFPです。
保険に限らず、気になった件をアップしています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング参加中

気になった記事があったら、ポチっと押してね



ブログ内検索



RSSフィード



お薦めのブログ

このブログをリンクに追加する



お勧めのリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リニア飯田駅についての提言01
「リニア新幹線長野県駅(南信州駅)を起爆剤とし、飯田・下伊那(南信州)を大発展」

と題して、飯田市や豊丘村に提言をしたのですが、コンサルティング会社に相談してみると言われ
その結果は、難しいとの返事。

それはそうです。
そんなに簡単にできるのであれば、誰でも思いつきます。

また、コンサルティング会社は名古屋に本社がある会社です。
とても穿った見方ですが、名古屋に本社がある会社が、名古屋より飯田が発展する可能性があるような
アイデアを持ち上げるとは到底思えません。

このままでは埒が明かないので、ブログで発表すると同時に、JR東海・中部電力にも直接ぶつけてみようと
思います。

JR東海にとっては、乗降客の増加が見込める上に、地元住民へも大きなメリットとなるため、
工事を進めるにあたっての協力も得やすくなると思います。
また、原発の再稼働を待たずともリニア中央新幹線と東海道新幹線の同時運営が可能となります。

中部電力にとっても、浜岡原発の再稼働に尽力するより(今の民意では不可能でしょう)、
新たな発電施設、発電方法がが手に入るので、変電所よりもメリットが多いと思います。
高圧電線用の鉄塔も必要なくなり、地元の理解も得やすくなると思います。

飯田・下伊那地域においては、大幅な人口増が見込めます
周辺地域では、特に豊丘村には新たな雇用と山林の有効活用及び、地元企業が発電する電力により
リニア中央新幹線が走行するという、知名度を高める売りができます。

その他の地域でも、田舎に住みたいがあまりにも不便なのはいやだという大多数の人にとっての
大きなメリットにつながる事業となります。

次回から、何回かに分けて掲載します。

賛同して一緒に動いてくれる人がいれば、とても心強いです
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。