あるFPのつぶやき
正しい情報が、マスコミから手に入らない時代ですね。気になった情報で事実をアップしてます


プロフィール

Author:ヤン・ウェンリー
保険代理店をやっている現役のFPです。
保険に限らず、気になった件をアップしています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング参加中

気になった記事があったら、ポチっと押してね



ブログ内検索



RSSフィード



お薦めのブログ

このブログをリンクに追加する



お勧めのリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふー。

最近、何を買っても失敗!

半年ほど前に、ブルーレイレコーダーが故障してしまい、仕方なく購入することになった。

故障したブルーレイは、SONYのBDZ-AT700だったので、購入店からのお勧めも同じSONYのBDZ-ET2200。
トリプルチューナーとの事で、前のダブルチューナーで家族で取りたい番組が重なり揉めていた事も減るはずと
安心して購入。

が、トリプルチューナーとは名ばかりで、実質はダブルチューナー。

録画モードが選べるのは、2つだけで、1つはDR(標準)モードのみ
標準モードで録画したものは、システムが空いている時間に自動的に変換するか、手動で希望のモードに変更する必要があります。

また、番組表から何度録画設定をして、ちゃんと予約されているのも確認しているにもかかわらず、録画成功率は5割以下!
エラーメールも来ないことがほとんど。
たまに来ても、「停電が原因」とのメール(停電なんかしていません)

これで、録画機?

5割以上の確率で録画できないのに?

SONYふざけるな、全額返金が当たり前レベルです。

もし、どうしても修理ということであれば、そちらですべてバックアップ取ったうえで、無料で修理期間中の代替え機も提供するのが当たり前。
それでも許せません。

一度しか放映されないものもほとんどすべて録画失敗しているのに、許せません

損害賠償が請求できるレベルだと思います。

SONY営業成績が落ちていますが、こんな商品を提供してサポートも全くダメでは当たり前です。

お客様を完全に無視した商品およびサポート、こんな商品とサポートしか提供できない企業に存在価値はありません。

営業成績落ちて当たり前です。

SONYファンで、テレビもBLAVIAにしていましたが、テレビもものすごく使いづらくて話になりません。

快適に操作出来て、かつ綺麗、ということが重要だと思うのですが、4Kにこだわっているだけで、操作性については全く考慮されていません。
画質調整すらほとんどまともにできないのですから。

いつから、SONYはこんな会社になってしまったのでしょうか?

まあ、実際はSONYだけでなく、どのメーカーの何の商品を買っても、ほとんどハズレ。

どこかの販売店でよいので、一週間とか無料で貸し出してくれて、気に入ったら購入できる販売システムを導入してもらえないものか?
多少高くても構いません。
失敗して全額どぶに捨てて嫌な思いをするくらいなら、その方がましです。
ぜひ、どこかで始めてほしいです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。