あるFPのつぶやき
正しい情報が、マスコミから手に入らない時代ですね。気になった情報で事実をアップしてます


プロフィール

ヤン・ウェンリー

Author:ヤン・ウェンリー
保険代理店をやっている現役のFPです。
保険に限らず、気になった件をアップしています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング参加中

気になった記事があったら、ポチっと押してね



ブログ内検索



RSSフィード



お薦めのブログ

このブログをリンクに追加する



お勧めのリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


老後資金として公的年金の不足額を貯める...13
老後資金として2000万円を貯めるには

一体どうすれば良いと思いますか?

若ければ若いほど有利なのは

すぐ分かって貰えると思います。


例えば、65歳で退職するとすれば、

20歳の人で45年間

30歳の人で35年間

40歳の人で25年間

50歳の人で15年間

の期間がそれぞれあります。

50歳の人で15年間という事は、2,000万円貯めるには

 2,000万円 ÷ 15年間 ÷ 12ヶ月 ≒ 11.11万円

約11万円を毎月貯めれば、現在の金利でも

可能でしょう。

ところで毎月11万円の貯蓄が出来る人なんて・・・、

普通存在しませんよね。

そこで、最初に言ったとおり若ければ若いほど有利!

と言うことになるのです。

先ほどの例から20歳の人が65歳までに2,000万円貯めるには

 2,000万円 ÷ 45年間 ÷ 12ヶ月 ≒ 3.7037万円

どうですか?

20歳の人ならば月々3万7千円で、利息がほとんどゼロだったとしても、

2,000万円を用意可能なのです。

50歳の人と比べると20歳からスタートできれば、

毎月3分の1の積立額で同じ金額を準備できます。

しかも、45年間の運用期間があり、

その間年利5%で運用できれば、

実際に必要な積立額は、

なんと、なんと

たった、約1万円でOKなのです。

どうですか?

老後資金2,000万円の積み立て。

難しいでしょうか?

20代、30代位で気づいて早めにスタートさえ出来れば、

5%位の運用利率であれば、株・投資信託でかなり

安全を見込んで運用しても十分可能です。

さて、各年齢毎に5%で運用できた場合の積立額を

下記に紹介します。

 20歳の人で毎月 9,939円

 30歳の人で毎月 17,574円

 40歳の人で毎月 33,258円

 50歳の人で毎月 73,559円

となります。

50代の方ショックを受けられていますか?

でも、もし子どもさんが独立されていれば、

頑張れば十分可能な積立額だと思いますので、

悲観的にならず、あきらめずにチャレンジしてください。
スポンサーサイト
テーマ:老後資金・年金・相続・保険 - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。