あるFPのつぶやき
正しい情報が、マスコミから手に入らない時代ですね。気になった情報で事実をアップしてます


プロフィール

ヤン・ウェンリー

Author:ヤン・ウェンリー
保険代理店をやっている現役のFPです。
保険に限らず、気になった件をアップしています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング参加中

気になった記事があったら、ポチっと押してね



ブログ内検索



RSSフィード



お薦めのブログ

このブログをリンクに追加する



お勧めのリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


老後資金として公的年金の不足額を貯める...02
さて、前回の続きですが、イメージへのヒントです。

20歳から60歳までの40年間働いて、その稼ぎを食いつぶしながら、
80歳まで生きると言うことは、、、。

40年の稼ぎで60年間(80歳-20歳)生活しなければならないと言うことです。

と、言うことは?
スポンサーサイト
テーマ:老後資金・年金・相続・保険 - ジャンル:株式・投資・マネー

老後資金として公的年金の不足額を貯める...01
ようやく、本当に老後資金を貯めるための話をしようと思います。

その前に、皆さん国の年金制度が存在せず、全額自分で老後の生活資金を貯めなければならないとしたら、毎月幾ら貯める必要があると思いますか?


計算を楽にするために前提条件を出します。

1.20歳から60歳の定年まで40年間働く
2.年金は60歳から80歳までの20年間受け取る
3.物価上昇も考えられるので、運用利息は考慮しない

上記の3条件を満たすには、60歳の時点で幾ら貯まっていなければならないと思いますか?

月々の収入や老後の生活費をを提示していないのは、一人一人異なるので、提示していません。

あくまでも、イメージです。

全員の人に老後資金を貯めることの大変さと重要性を認識して貰うのが目的です。
テーマ:老後資金・年金・相続・保険 - ジャンル:株式・投資・マネー

久しぶりの投稿
さてさて、過去の記事を読み直し、カテゴリの整理をやり直しました。

タイトルと中身が合っていなかったと思いますので、全部整理したつもりです。

久しぶりの投稿です。

みんなに忘れられているかなぁ。

まあ、仕方ないです。

ちょっとずつ習慣づけできればと思っています。

それにしても、もう一つ立ち上げたブログは、

このブログに比べると圧倒的に訪問者が多いんですよね。

テーマとしては、こっちの方が上かと思っていたのですが...。
テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

老後だけじゃないよ!年金制度について
年金制度への不信感の高まりはすごいものがありますね。

まぁ、解らなくもないのですがねぇ。

でも、国も年金制度のPRが本当に下手ですね。

そもそも、民間の生命保険で言う、万が一の時の死亡保障(遺族年金)や、

障害状態になったときに受け取れる障害年金も同じ制度の中で運営していることを

何故、もっとPRしないのでしょうか?

もしこの制度、1/3の税金からの補助が無く、民間で成立させようとすると、

月々の掛け金が今の3倍くらい必要になります。

それ位充実した制度なのです。


現役の間に納めた保険料を老後の年金として受け取るときに、

全く元本割れせずに受け取ろうと考えていること自体に最大の

問題があることを、政府も報道機関も積極的に国民に伝えるべきです。

そもそも、国民全員がまるまる全額受け取れない制度に当初から

なっているのですから。


元が取れるのは、次の人達だけだと思います。

1.18歳未満の子供を残して若くして亡くなった男性!(女性はだめ)
  (自分が受け取るわけではないので元は取れないのかな)

2.未成年のうち、または年金を納めている期間中に障害を負った人
  (まあ、この人達も長生きしないと元は取れませんが)

3.思いっきり長生きした人。

の3パターンに当てはまる場合だけでしょうかねぇ。
テーマ:老後資金・年金・相続・保険 - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。