あるFPのつぶやき
正しい情報が、マスコミから手に入らない時代ですね。気になった情報で事実をアップしてます


プロフィール

ヤン・ウェンリー

Author:ヤン・ウェンリー
保険代理店をやっている現役のFPです。
保険に限らず、気になった件をアップしています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング参加中

気になった記事があったら、ポチっと押してね



ブログ内検索



RSSフィード



お薦めのブログ

このブログをリンクに追加する



お勧めのリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お金とは
資本主義社会(現代の日本)で生きていく以上、お金は欠かせません。
食事をするにも、家に住むにも、電気を使うにも、みんなが持っている携帯電話を使うにも、ぜーんぶお金がかかります。

お金って、重要ですよね。

そして、無いと困るけどどんなにたくさんあっても困らないものです。
(多すぎるとおかしくなる人も中にはいますが...。)

さて、今日からお金の基本を学んでいきましょう。

人類の歴史が始まって以来、正確にお金が登場してきたのは、国と呼べるものが出来てきてからです。
それ以前は、物々交換でした。

 海の物と山の物を交換する。
 野菜と魚や肉を交換する。

そんな感じでした。

現在は、国のみがお金を発行する権利を持っています。
日本の場合で言えば、国からの許可を得て、日本銀行が「日本銀行券」としてお金を発行しています。

お金のイメージは次のような感じです。(一つの例です)

 お米1俵 = 鶏1匹

という物々交換が成立する場合、たまたまお米は持っていないけど鶏は欲しいということがあるわけです。
その時に、お米の代わりをする物があれば、それを相手に渡すことにより鶏を手にすることが出来ます。

現在では、それがお金というものに置き換わっているのです。

そして、このお金が誰でも発行できるものであっては、価値が判定できないため、国家のみが発行できる仕組みになっているのです。

スポンサーサイト
テーマ:老後資金・年金・相続・保険 - ジャンル:株式・投資・マネー

はじめまして
本日ブログデビューします。
現役のFPです。
欧米では常識の、人生に関するお金の勉強。
日本では、お金の話はどちらかと言うとタブー視されてきました。
その結果が、ヤミ金融の台頭や、国家予算浪費にまでつながっていると思います。

そんな環境を打破したい。お金の話をすることは別に卑しいことではないことをお伝えしたいと思っています。

お金には色はありません。
正しく稼いで、正しく使えば、お金で身を滅ばすことはありません。
テーマ:老後資金・年金・相続・保険 - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。