あるFPのつぶやき
正しい情報が、マスコミから手に入らない時代ですね。気になった情報で事実をアップしてます


プロフィール

Author:ヤン・ウェンリー
保険代理店をやっている現役のFPです。
保険に限らず、気になった件をアップしています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング参加中

気になった記事があったら、ポチっと押してね



ブログ内検索



RSSフィード



お薦めのブログ

このブログをリンクに追加する



お勧めのリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピケティ著「21世紀の資本」は妬み本!
やれやれ、各マスコミやNHKでも取り上げられ、一大ブームとなっている、仏経済学者トマ・ピケティ著「21世紀の資本」ですが、、、

発見した税務統計は正しいと思いますが、導き出した結論は、妬み・やっかみですね。

ピケティは、今現在資産家でない人間が資産家になる方法はなく、最初から富が資産家に偏在しており、その偏在をただすためには、現在の資産家に多く課税して富を再分配するべきだと言っています。

企業家(起業家)になるより銀行家・資本家の方に富が集中しているので、その人たちにもっと課税しろ!とマルクス主義者のように発言しています。

本当にそうでしょうか?

確かに、1日1ドル以下で生活している人もいるのは事実です。

しかし、ウォーレン・バフェットの様に一代でアメリカ長者番付の1位になる様な資産家もいます。
先祖から莫大な資産を引き継いだ人間ばかりではありません。

私自身、銀行預金だけでなく投資も行っています。
前出のウォーレン・バフェット同様、バイ&ホールドです。
今の所、毎月1~2万円程度の投資ですが、ここ数年の状況でも年利にして3~5%前後で運用できています。
デイトレードは本来の株式投資ではないので、行いません。(株価が気になって仕事にならない事も理由の一つです)

トマ・ピケティの発見した法則通りだとしても、企業家(起業家)や労働者が存在しなければ、資本家(富裕層)も存在しません。

また、資本家(富裕層)がいなければ、起業もできません。

資本主義社会では、どちらも経済の両輪なのです。

そして、企業家・労働者も資産家になる道は存在するのです。

確かにある一定以上の資産家になれば、労働せずとも生活が成り立つことも事実ですが、そういった富裕層が労働者から搾取し、「悪」の様に語られるのは、本当に正しいのでしょうか?
スポンサーサイト

がん保険のカラクリと言う本について
ライブドアブログを書かれている、「池田信夫氏」もライフネット生命の副社長も、保険の本当の姿を分かっていらっしゃらないような気がします。

確かに実際に治療にかかる費用のみ見れば、貯蓄でも十分賄えるでしょう。
が、病気やけがをするのは貯金がある程度貯まる数十年後なのですか?

保険というのは、時間を買う商品でもあるのです。

貯蓄では、毎月5千円ずつ継続しても、10年経って、ようやく60万円です。

保険はどうでしょうか?

月々5千円の支払いでも、一か月分の保険料を納めただけで、保障が開始されます。
即ち、貯蓄では数十年かかることを、一瞬で準備できるのが保険の最大の利点です。

今回はがん保険なので、実際には90日の待機期間があるため、がん保険に限っては
3か月分の保険料がかかりますが、保険と貯蓄は機能が全く異なります。

死亡保険を例に挙げれば、毎月の貯蓄額の増加に合わせて、毎月保障額を減らしていけば
一番理想的な保険の加入方法となります。
目標金額に貯蓄が到達すれば、保険は必要なくなります。

アフラックの商品は欠点だらけで、加入するに当たりません。
アフラックの商品の問題は、以下の通りです。

1.がんになっても保険料を払い続けなければならない。
2.死ぬまで保険料を支払い続けなければならない。
3.上皮内癌とそれ以外で受け取れる額が全然違う。
4.ごく初期に出されたがん保険だと末期がん以外支払われない
5.通院がカバーされない。

等々、現状では日本の民間医療保険の方が圧倒的に内容で勝っています。

にもかかわらず、

  「がん保険はアフラック」

となっているのは、イメージ戦略が成功したのと、

  「がん保険でないとがんの治療費は出ない」

と、勘違いさせることに成功したからだと思います。

実際は、がんも病気の一種でしかないので、普通の医療保険で入院も手術もカバーできます。
テーマ:老後資金・年金・相続・保険 - ジャンル:株式・投資・マネー

お金を貯めるには?
さて、前回、人生の波に翻弄されるか乗りこなすかは、皆さんそれぞれが選択した結果だとお伝えしました


例えば人生で遭遇するお金に困る事態は

1.病気やケガで働けなくなる

2.リストラや倒産、あるいは賃金カット等で収入が途絶える

3.定年退職し年金だけが頼り

等が思い浮かびます


まぁこれ以外に

4.借金で苦しむ


と言うのもありますが、それについては、また別の機会に
テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

お金を貯めるには?
やれやれ、なかなか更新しない、私のページ。

久しぶりに更新しようかな
(^_^;)


さて金融不安の昨今、皆様如何お過ごしですか?

特に、製造業にお勤めの方は一番大変だと思います


ところが、今回に限らず好不況の波は必ずあります。

また、病気やケガで収入がストップする可能性もあります


その波に翻弄される生き方を選ぶのか、乗りこなす生き方を選ぶのか、どちらも、ご自身で選べるのです

なぜなら、
テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

老後資金として公的年金の不足額を貯める...13
老後資金として2000万円を貯めるには

一体どうすれば良いと思いますか?

若ければ若いほど有利なのは

すぐ分かって貰えると思います。


例えば、65歳で退職するとすれば、

20歳の人で45年間

30歳の人で35年間

40歳の人で25年間

50歳の人で15年間

の期間がそれぞれあります。

50歳の人で15年間という事は、2,000万円貯めるには

 2,000万円 ÷ 15年間 ÷ 12ヶ月 ≒ 11.11万円

約11万円を毎月貯めれば、現在の金利でも

可能でしょう。

ところで毎月11万円の貯蓄が出来る人なんて・・・、

普通存在しませんよね。

そこで、最初に言ったとおり若ければ若いほど有利!

と言うことになるのです。

先ほどの例から20歳の人が65歳までに2,000万円貯めるには

 2,000万円 ÷ 45年間 ÷ 12ヶ月 ≒ 3.7037万円

どうですか?

20歳の人ならば月々3万7千円で、利息がほとんどゼロだったとしても、

2,000万円を用意可能なのです。

50歳の人と比べると20歳からスタートできれば、

毎月3分の1の積立額で同じ金額を準備できます。

しかも、45年間の運用期間があり、

その間年利5%で運用できれば、

実際に必要な積立額は、

なんと、なんと

たった、約1万円でOKなのです。

どうですか?

老後資金2,000万円の積み立て。

難しいでしょうか?

20代、30代位で気づいて早めにスタートさえ出来れば、

5%位の運用利率であれば、株・投資信託でかなり

安全を見込んで運用しても十分可能です。

さて、各年齢毎に5%で運用できた場合の積立額を

下記に紹介します。

 20歳の人で毎月 9,939円

 30歳の人で毎月 17,574円

 40歳の人で毎月 33,258円

 50歳の人で毎月 73,559円

となります。

50代の方ショックを受けられていますか?

でも、もし子どもさんが独立されていれば、

頑張れば十分可能な積立額だと思いますので、

悲観的にならず、あきらめずにチャレンジしてください。
テーマ:老後資金・年金・相続・保険 - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。