あるFPのつぶやき
正しい情報が、マスコミから手に入らない時代ですね。気になった情報で事実をアップしてます


プロフィール

ヤン・ウェンリー

Author:ヤン・ウェンリー
保険代理店をやっている現役のFPです。
保険に限らず、気になった件をアップしています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング参加中

気になった記事があったら、ポチっと押してね



ブログ内検索



RSSフィード



お薦めのブログ

このブログをリンクに追加する



お勧めのリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リニア飯田駅についての提言02
リニア新幹線長野県駅(南信州駅)を起爆剤とし、飯田市(南信州)を大発展

近年、南信州では三六災害を除けば、大きな災害はありません。

東日本大震災の時も、影響はほとんどありませんでした。

将来起こりうる南海トラフ沖地震の災害予測も、飯田・下伊那地域よりも岡谷・諏訪地域のほうが、
より被害が大きいとされています。

アルプスに囲まれているため、台風の影響もとても小さく、日本で一番安心して住める地域だと思います。

今回、リニアが開通することにより、品川まで45分、名古屋まで27分で行くことができるようになります。
これは、奇跡的なことであり、このチャンスを逃す手はありません。

また、資本主義経済は、パイが増えていかないと停滞から縮小へ向かいます。
即ち、パイ・人口増がどうしても必要なのです。

リニアを生かし、人口増と少子高齢化を打破するモデル地区となるべく、次のような施策を提案します。

なお、再開発は駅ビル・駅周辺にとどめ、飯田の魅力である「田園風景」は限りなく残します。



1.飯田・下伊那(南信州)の人口を倍増し、人口20万人超の中核市を目指す
政府が東京から地方に、少なくとも4万人は移住させる計画なので、その受け皿となり、
4万人にとどまらず、受け入れる体制を整備する

2.リニア長野県駅から飯田線接続の新路線を無料で引く
埼玉新都市交通(ニューシャトル)を参考に、大鹿・豊丘・喬木・飯田(・木曽)までをつなぐ路線を開設し、
地域の足として生かすと共に、飯田線への接続に活用

3.駅ビルを建設し、人口増+企業誘致+商業施設誘致を行ない、飯田・下伊那(南信州)の活力倍増
リニアだけでなく、三遠南信道の整備もあり、南信地方の交通ハブとなります。
当然、流れる人口も多くなり、商業施設も必須(イオンモール、アウトレット等)
フロア構想としては、地下街(地元商店街)から高層階(事業所向けフロア、分譲マンション等)までを考えています。
(駅ビルのフロア構想は別紙参照)

4.世界に先駆けて、少子高齢化を解消した地域を目指す
医療機関と連携し(既に話しはできています)、病児保育ができる保育所・幼稚園・小中学校を開設、
あるいは既存の学校が利用できるようにし、安心して子育てしながら仕事ができるようにする

5.ピンピンコロリ(平均寿命≒健康寿命)の実現
耕作放棄地の活用及び、今回の開発に伴い整備される谷あいの道路を生かし、
菜の花プロジェクト及び、バイオマス発電等を行ない、地域資源を最大限に生かす
その中の収穫事業や、菜種油製造等に高齢者の力を活用し、老後の生きがいや年金以外の収入、
体を使うことにより、ロコモティブ症候群を防ぎ、健康寿命を延ばしてもらう

6.資金調達について
駅ビル建設等に伴う資金は、駅ビル高層階に用意する分譲マンションの購入希望者を募り、
現時点で先にご購入いただける方へ、2027年の開業時に分譲する価格よりも割安な価格で、
提供を約束し資金を集める(その応募状況により、この構想が成功するかどうかの目安ともなる)
それと共に、1項にもある4万人の政府計画受け皿となり、政府からの資金援助も仰ぎ、必要な資金を調達する
また、駅ビルの魅力アップとして5項にもあるバイオマス発電を生かし、
割安な電気料およびテナント料で利用できるようにし、会社を含めテナントを集める

上記施策を行なうことにより、長野県駅の好立地を最大限に生かし、
ストロー現象ではなく、東京・名古屋どころか大阪からも人口を集め、
中核都市に留まらず、政令指定都市を目指せる道筋を作り上げましょう。
スポンサーサイト

リニア飯田駅についての提言01
「リニア新幹線長野県駅(南信州駅)を起爆剤とし、飯田・下伊那(南信州)を大発展」

と題して、飯田市や豊丘村に提言をしたのですが、コンサルティング会社に相談してみると言われ
その結果は、難しいとの返事。

それはそうです。
そんなに簡単にできるのであれば、誰でも思いつきます。

また、コンサルティング会社は名古屋に本社がある会社です。
とても穿った見方ですが、名古屋に本社がある会社が、名古屋より飯田が発展する可能性があるような
アイデアを持ち上げるとは到底思えません。

このままでは埒が明かないので、ブログで発表すると同時に、JR東海・中部電力にも直接ぶつけてみようと
思います。

JR東海にとっては、乗降客の増加が見込める上に、地元住民へも大きなメリットとなるため、
工事を進めるにあたっての協力も得やすくなると思います。
また、原発の再稼働を待たずともリニア中央新幹線と東海道新幹線の同時運営が可能となります。

中部電力にとっても、浜岡原発の再稼働に尽力するより(今の民意では不可能でしょう)、
新たな発電施設、発電方法がが手に入るので、変電所よりもメリットが多いと思います。
高圧電線用の鉄塔も必要なくなり、地元の理解も得やすくなると思います。

飯田・下伊那地域においては、大幅な人口増が見込めます
周辺地域では、特に豊丘村には新たな雇用と山林の有効活用及び、地元企業が発電する電力により
リニア中央新幹線が走行するという、知名度を高める売りができます。

その他の地域でも、田舎に住みたいがあまりにも不便なのはいやだという大多数の人にとっての
大きなメリットにつながる事業となります。

次回から、何回かに分けて掲載します。

賛同して一緒に動いてくれる人がいれば、とても心強いです

リニア飯田駅について
いよいよ、リニア中央新幹線のトンネル工事が始まりました。

誰が書いているかばれるかもしれませんが、わたしは沿線沿いの住民です
飯田駅の近くに住んでいます(車で5~10分くらいの距離)
(しかも、アルプスを抜けたリニア高架橋が自宅から見える位置に住んでいます)

なので、もの凄く気になります。

そこで、平成29年1月19日に行われた

「リニア駅周辺整備基本計画策定にあたっての考え方」

での発表資料もしっかり目を通しました。

が、かなり残念です。

「都市圏への通勤~」

との文言は見当たりますが、それにあたり便利に居住できる方法や、リニア飯田駅へのアクセスを飯田下伊那
全域で画期的に便利にするようなアイデアの提言は見当たりませんでした。

いくら距離的に通勤圏内とはいっても、現在都会に住んでいる人を呼び込むためには、都会並みに便利にしないと
引っ越してもらえないと思います。

飯田駅周辺だけで良いのです。
あるいは、私が何度もリニア推進課に提案しているように、駅ビルだけで良いのです。

そこだけを都心と変わらないほど便利な施設として、周辺の景観には一切手を付けない、
リニアから降り立った時に見える風景は「田舎」
振り返ると「都会」

で、良いと思います。

不便だから田舎が良い、と言う人より、田舎でも便利であってほしいと願う人のほうが多いと思います。

全地域を都会にすべきだとは言いませんが、本気で移住して貰えるよう考えるのであれば、
便利で快適に住める環境も提供しないと、難しいと思います。

また、そういった環境を提供できれば、もともと飯田・下伊那で生まれたのに都心に出ていってしまい
帰ってこないと言う現象も少なくすることが可能となります。

「都心に家を購入するよりも圧倒的にお得で、しかも都心並みに便利に住めます」

とすべきだと思います




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。